本文へスキップ

河内将芳の窓

歴史をほそぼそと勉強しています。

習作を重ねて、将来ひとつでもよいものを残したいと願っています。

実力がありませんので、道はなかなか険しいのですが、ここでは、その険しい道のりと道の途中でうまれた習作を紹介しています。

ギャラリー

戦国時代の京都を歩く

戦国時代の旅人のひとりとなり、『上杉本洛中洛外図屏風』のなかを訪ね歩く。時空を超えた京都への旅。(2014年3月)

日蓮宗と戦国京都

戦国時代の京都で教線をのばした日蓮宗(法華宗)。そのすがたを南北朝・室町・戦国時代を通してみていく。(2013年7月)日本図書館協会選定図書
                

落日の豊臣政権

戦国乱世を収めた待望の新政権は、なぜ人心を失ったのか? 政権全盛期の文禄年間の京都に光をあて、社会の実相を描く。(2016年1月)

絵画史料が語る祇園祭

「動く美術館」と称される京都・祇園祭の源流になる戦国時代の祇園祭に、絵画史料と文献史料の両面から迫る。(2015年7月)

informationお知らせ

2016年6月14日 NEW
『月刊京都』(2016年7月号)に「洛中洛外図にみる祇園祭」という文章を書かせていただきました。毎年7月号は、祇園祭特集で、今年は「歴史からひも解く知られざる祇園祭」というテーマです。
2016年5月15日 NEW
10年越しの苦難をこえて、仁木宏・山田邦和編『歴史家の案内する京都』(文理閣)が刊行されました。関係者のみなさんのご苦労に敬意を表します。
2016年5月5日 NEW
仁木宏編『日本古代・中世都市論』(吉川弘文館)に「都市のなかの市ー中世京都、五条馬市と三条米場をめぐってー」という文章を書かせていただきました。
2016年5月1日 NEW
お手伝いさせていただいております八坂神社文書編纂会から『新編八坂神社記録』(臨川書店)が、同じく清水寺史編纂委員会から『清水寺成就院日記 第二巻』(法蔵館)が刊行されました。
2016年3月29日 NEW
『仏教史学研究』第58巻 1号 (奥付は 2015年11月)に「「戦国仏教」論再考−京都と日蓮宗を中心に−」という文章を掲載していただきました。
2016年3月10日
『落日の豊臣政権−秀吉の憂鬱、不穏な京都−』重版していただきました。
2016年3月1日
『本郷』122号( 2016年3月)に「三条橋、そして秀次と妻子の塚」という文章を掲載していただきました。
2016年1月20日
吉川弘文館さんより『落日の豊臣政権−秀吉の憂鬱、不穏な京都−』という書物を刊行していただきました。京都からみた秀吉の時代といった内容です。

profile

  河内 将芳

 
  KAWAUCHI Masayoshi

kawauchi@daibutsu.nara-u.ac.jp

           メディア関連